総合住宅展示場トップへ


家づくりのポイントを読む_01
いろいろな工法を詳しく調べる

木造軸組工法

木造軸組工法
画像提供:住友林業

木造軸組(もくぞうじくぐみ)工法は日本の家屋において古くから用いられている伝統的な工法で、「在来工法」とも呼ばれています。

これは、柱という直立した部材、梁(はり)という柱と柱の間をつなぐ水平材、桁(けた)という上部の構造体を支える横架材、筋交い(すじかい)という柱と柱の間に斜めに入れる補強材など、木材の軸組によって、住宅の骨組みを作る工法のことです。

柱や梁といった軸材を組み立てていくため、“軸組工法”という名称がついているわけです。

木造軸組工法は住宅メーカーや多くの工務店が採用している工法で、現在では、接合部に金具を用いるものや、軸組に加えてパネルを組み合わせるものなどもあります。

プレカット工場で加工された木材や、構造用集成材なども用いられるようになり、昔と比べて精度のばらつきが少なくなっています。

木造軸組工法は構造的な制約が少なく、設計の自由度が高いといわれています。

また、木質系のどの工法にもいえることですが、一般に、木は鉄やコンクリートより比重が軽いことがあげられます。

▼家には様々な工法があります。▼
他の工法も確認してみましょう!

<<住まいづくりの基礎知識
&お役立ち情報一覧に戻る
家づくりのポイントを読む_01
その他注文住宅に関する情報を探す
カタログを探す
全国の展示場を探す
住宅メーカーを探す
お役立ち情報を探す
サイトマップ
当サイトについて
利用規約
プライバシーポリシー
ソーシャルメディア
ポリシー
お問い合わせ

Copyright(C) 1997 IREP Co., Ltd. All Rights Reserved.