総合住宅展示場トップへ


家づくりのポイントを読む_01
いろいろな工法を詳しく調べる

ツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法
画像提供:三井ホーム

ツーバイフォー(2×4))工法という名称は、断面寸法が「2インチ×4インチ(約5cm×約10cm)」の基本部材を主に用いることに由来します。

ツーバイフォー工法は、19世紀初めの開拓時代の北米で誕生しました。北米では極めて一般的な工法であり、現在ではアメリカやカナダだけでなく、ヨーロッパ、オセアニア、南米など世界中に 広がるグローバルスタンダードな住宅です。

日本でもツーバイフォー工法は「枠組壁工法」とも呼ばれ普及している工法です。

ツーバイフォー工法では2インチ×4インチ(2×6、2×8、4×4インチなどを含む)の木材で枠を組み、それに合板を用いて壁を形成していきます。

軸組工法では柱や梁などの“点と線”により支えるわけですが、ツーバイフォー工法の場合には壁・床・天井の“6つの面”で支えます。

ちなみに、「2インチ×6インチ(約5cm×約15cm)」の基本部材を主に用いる場合は「ツーバイシックス (2×6)工法」と呼ばれています。

ツーバイフォー工法は部材もそうですが、施工にも公的な基準があるため、精度のばらつきが少なくなります。

また、面構造であるため、気密性・断熱性が高い工法です。また、その基礎構造の強さから、北米では5階建て、6階建も可能で、日本でも4階建てまで認められています。

▼家には様々な工法があります。▼
他の工法も確認してみましょう!

<<住まいづくりの基礎知識
&お役立ち情報一覧に戻る
家づくりのポイントを読む_01
その他注文住宅に関する情報を探す
カタログを探す
全国の展示場を探す
住宅メーカーを探す
お役立ち情報を探す
サイトマップ
当サイトについて
利用規約
プライバシーポリシー
ソーシャルメディア
ポリシー
お問い合わせ

Copyright(C) 1997 IREP Co., Ltd. All Rights Reserved.