総合住宅展示場トップへ


家づくりのポイントを読む_01
住宅メーカーの選び方

住宅メーカーで家を建てた方々の決め手となったポイントで
もっとも多かったご意見は、「担当者がよかった!」(=メーカー営業マン)です。


『家を建てる』ことは一生に一度の大きな買い物です。
高いからこそ失敗はしたくないのでとても迷ったという方が多い中で、専門知識があり、対応が迅速かつ的確な住宅メーカー営業マンの存在は大きかったようです。

・親切。丁寧。真剣。
・誠意。熱意。積極性。行動力。
・迅速な対応。知識が豊富。安心して任せられる。
・相性が良いと感じた。フィーリングが合った、など


他にも色々なご意見をいただきましたが「頼れる営業マン(専門家)」に出会えたことが一番の決め手でした。


でも「メーカー担当者との相性が悪いと、なかなか満足いく家が建たない、とよく聞く」と心配される方もいらっしゃいますので、出会いはとても大事なことだと思います。


そんな頼れる相性の良い営業マンに出会うためにもカタログの請求や、住宅展示場で営業マンの方と話をしてみることをお勧めします。

次に多かったのが『デザインが良かったから』です。

デザインといってもインテリア、エクステリアと色々ありますが、デザイン性の中で最も多かったのが「外観デザインの良さ」です。


和風、洋風、シンプルモダン、アメリカンテイストなど家の外観には色々な種類があります。インテリアやエクステリアのデザインは後から変更できますが、外観デザインは簡単に変更できるものではないので、どのようなデザインの家に住みたいとあらかじめイメージをしておくとよいでしょう。

構造や性能は、家を建てる際に最も大切なものの一つです。

東日本大震災から構造と性能に感心をもたれた方が増えており、重要なポイントの1つとして考えられています。

・歴史と実績からくる安心感

・構造や性能の信頼度が高い

・耐震性・耐火性・耐風性・耐久性など

・一流メーカー、定評のあるメーカー

家は長く住むものですから、構造的に頑強で、いつまでも安心して快適に暮らせる性能を求められます。当サイトに出展している住宅メーカーは、この点についても信頼できるところばかりですので、安心してご契約をされたのだと思います。

間取り提案ですが、ポイント1の担当者(=住宅メーカーの営業マン)に通じるところがあります。

お客様の要望を聞き取るのは、営業マンの仕事です。それを的確に設計担当に伝えることで、希望に副った間取り提案が可能になるからです。


・「ニーズに合った間取り」「希望する間取り」「理想の間取り」「要望に副った間取り」を提案をしてくれた

・提案力の高さ、設計担当の力量の高さなど


家を建てた皆さんは間取りを大事なポイントとして押さえていらっしゃいました。

生活動線やライススタイルを考慮した上で間取りを考えないと、非常に使い勝手が悪く、生活しにくい家になってしまうことをよくご存じでした。

もう一方の価格ですが、実は間取り提案とセットでのご意見が大半でした。

・理想の間取りが叶うとともに価格にも満足している

・妥当な金額だ

・希望の間取りが予算内でできた

当サイトに出展している有名メーカーなら多くの実績と経験がありますので、ライフスタイルにより適切な間取り提案をしてくれます。

 工期の短さとアフターメンテナンスなどの保証制度が良いのは、住宅メーカーの特徴の1つです。

 最近はそれぞれの工法により方法は異なりますが、工場生産比率が高く現場施工比率が昔と比べ少なくなってきたため工期が早くなってきています。


アフター保証制度も、現在は品格法(住宅の品質確保に関する法律)の中で施工業者への瑕疵担保責任(10年間)を科しているなど、昔と比べ法律も整備されています。

その点では安心ですが有名メーカーの多くが法律以上のアフター保証体制を行っています。

建ててからの安心も手に入れたいですから、お客様のご意見はもっともだと思います。

尚、保障体制は各メーカーによって、異なる場合が多いので、カタログ(特に総合カタログ)などでじっくり調べてみるのがいいでしょう。



前のページ ページ1 ページ2 次のページ

<<住まいづくりの基礎知識
&お役立ち情報一覧に戻る
家づくりのポイントを読む_01
その他注文住宅に関する情報を探す
カタログを探す
全国の展示場を探す
住宅メーカーを探す
お役立ち情報を探す
サイトマップ
当サイトについて
利用規約
プライバシーポリシー
ソーシャルメディア
ポリシー
お問い合わせ

Copyright(C) 1997 IREP Co., Ltd. All Rights Reserved.